よろこびの木

食とヨガと旅のある南の島の暮らし。自然との調和を探る人生の旅。

新型コロナより恐ろしいこと

f:id:yukaearthandsky:20210331112540j:plain


それは、人々の意識。

(コロナに対する見解は人それぞれなので、ここでは個人的意見を書いています。)

 

この風邪ともほとんど変わらない新型コロナ、世界中の多くの人々がその病気の実態よりも恐怖が先走ってしまっているように感じます。

 

これって、結局まだまだみんなニュースなどのメディアを鵜呑みにしてしまっているということ。

要は、情報にコントロールされてしまっているということ。

 

ヨガでは有名な「蛇とロープ」の話。

 

暗い道を歩いていたら、暗闇のむこうに長いものが見えた。
それを蛇だと思い、恐怖で先に進むことができなかった。
でも明るいところで見たら、それは単なるロープだった。

 

これは単なるマインドの問題。

恐怖により冷静さを失い正しい判断ができなくなってしまう。

 

無知が誤った認識、判断を生んでしまうということです。

今まさに多くの人がこんな状態。

まず、知ることから始めよう。

そうすれば恐怖は無くなるから。

 

マスクをつけること、ワクチンのこと。

しっかり自分で調べていこう。

そこで、自分なりの答えを出せばいいのだ。

答えに正解はない。

 

自分軸でしっかりと道を歩んでいくこと。

 

それが大事なのだから。

 

情報や周りの意見に呑み込まれて、流されてしまわないように。

 

 

バリ島は観光業にほぼ頼っている島なので、

経済大打撃を受けています。(そのうちの一人です)

なので、早く外国からの観光客の受け入れを再開しようと

政府はワクチン接種を必死に広めています。

私の暮らすウブドは、他のいくつかのエリアとともに、受け入れ再開の最初の予定地なので政府関係、学校関係そして観光関係はワクチン必須です。

そして、任意で一般の人にも早速ワクチン接種が始まりました。

最近はウブド内にあるそれぞれの地区の集会場はその申し込みで人がいっぱい。

それを見ていると、さすが病気をやたらに怖がり”すぐ病院、すぐ薬”に頼るバリ人らしいなぁ

なんて眺めています。

インドネシア、もっと様々な見識が広まって欲しいと思う時です。

だから、彼らも政府の言うことや、メディアからの情報を鵜呑みにしてしまっている。

 

自分の判断。

と言うものを持ってる人はあまり見かけません。

 

そう言う意味で、教育(広義な)って大事だなと思っています。

 

センタリングしていこう。


Instagram 


https://www.instagram.com/


 

 

 

 

 

これからの時代を生きていくには…「そこに愛はあるのかい?」

f:id:yukaearthandsky:20210124213436j:plain

これからは二極化が進んでいくと言われています。

風の時代、

パラダイムシフトが起こり、今までの価値観がすっかり変わっていく。

その変化の流れに乗る人と、そうでない人。

どちらが良い悪いではなくて、

それは個人の自由。

 

今の世界の状況(コロナ)の捉え方をみるとその傾向がよく伺える。

 

私は、これからの時代がもっと生きやすいと思っているのだけれど。

 

風の時代についてはそこかしこで聞くことができただろうので、今ここで細かい説明は省きますが。

一つ、「家族や親子、夫婦関係の自由な在り方」

というのもこの時代の流れだそうです。

 

家族みんなが同じ屋根の下で一緒に暮らす以外の選択肢、

別居婚

夫婦別姓

事実婚

同性婚

など関係性の多様性が広がっていく。

 

多様性が豊かな社会を育むはずだ。

だけれども、

例えば家族がバラバラに生活をするとか、

夫婦でありながら暮らしは別とか、

 

大事なことは、

『そこに愛はあるのかい?』

一つ屋根の下の兄ちゃん(江口洋介)の名台詞。90年代!笑

 

ということだと思うのです。

お互いが想い合ってこその自由な関係性であって、

そうでなければただの別居や、

お互い何らかの損得勘定でのことであればそれは自由な在り方とは言わないと思っている。

 

親子関係にしても。

親が子どもに将来の期待をしすぎ

教育ばかりを与えるだけになってはいないだろうか?

誰かに任せっきりになってないだろうか?

親が自由にできるのは、

親と子どもがちゃんと信頼でつながれていればこそ、なのではなかろうか。

要は、根底で子どもが親の愛を受けているかということ。

 

これから更に発展していくであろう

オンライン社会、

他人との繋がり、

共有…

目に見えないものだからこそ、

そこにしっかりと愛を感じられなければならない気がしている。

 

個々が他人との違いを受け入れ、そして違いを尊重し合えること。

自分で生きること。

が必要だろうな。

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯のスープの幸せ

f:id:yukaearthandsky:20210116220651j:plain

娘が生まれ早いもので三ヶ月が過ぎた。

今までのところほとんどぐずることがなく割合と楽に過ごせているが、

でもやはり赤ちゃんのいる暮らしなので

自由な時間はまだまだ難しい。

 

本当はこのブログに書きたい事がいくつか頭を過ぎっていたのだけれど

まとめる暇も、ゆっくりとラップトップに向かう時間もないままに結局タイミングを逃し

書けずじまいで過ぎてしまっていた。

 

でも、そういう書かずに終わったことって結局大して書きたい事ではなかったりするんだけど。

なんとなく一月に一回ペースのこのブログ、

そういうつもりは全くないのだがなぜかこのペースで書く事がふっと湧いてくる。

そういう時は短い時間に猛烈集中して一気に書き上げられる。

考えなくとも言葉が降りてくる。

なので、これからもそんな感じでいいのかなとは思っているのだけれど。

 

と、話が逸れてしまったけれど。

何が言いたいかというと、ただ日々赤ちゃんと忙しく生活をしている。

という事。

 

そして、引き続きコロナの影響でほぼ無職状態。

 

今までの自分の生き方、価値観が揺らいだ。

たくさん泣くほどに、自分の内側と向き合わされた。

そしたら自分を縛っていたブロック(インナーチャイルド)が明確に現れた。

 

今まで自分のブロックをどうしても明確にできなかった。

きっとそこまで真剣に向き合ってこなかったからだろう。

でも今、嫌という程に自分を見せられ自分の内に問い詰めて行ったら

やっと自分が抱えているものを直視する事ができた。

 

できたけど、正直今は心がボロボロな状態。

 

でもそんなことも全て含め、

娘が今このタイミングで私の元に来てくれた意味がわかった気がした。

 

娘の誕生後、彼女と接することや育児、仕事と私事の狭間で起こる様々な感情の中、

すごいスピードでたくさんの気づきと学びが起きている。

これらを私に経験させ手放す時が来たのだと、

彼女はそれを私に運んできてくれた。

 

一つは、

人を外見で判断していたこと。

だから私自身も外見で判断されていると思っていたこと。

 

それも含め、私の世界は私の思考が作っていたということがふとある時に胸の内に湧いた。

例えば、他人が自分への態度を親切ととるか偽善的ととるか。

実際は親切か偽善かというのは存在しなくて、

その人がそれを親切と受け取ればそれは親切なのである。

物事自体に善悪がないという事と同じ。

物事をどう捉えるかで自分の世界が創られていくという事。

だから物事を楽観的にポジティブに受け止められる人はいつも幸せそうなのはこういう事なんだな。

なんて、今更ながらに納得しましたよ。

 

他にもね、いくつかありますが。

やっぱりね、これらって母親の影響なんですね。

私の母親はどちらかというと、

自己否定型。

だからいつも、彼女は彼女自身に対しても

「私なんかが…」

って言ってたな。

そして、言われてたな。

だから私も完全に自己否定型。

今でも自分に自信が持てないでいる。

人前に出るのも苦手だし。

だからこうして自分の気持ちをブログを使ってアウトプットしている。

 

でも、こうしてやっとこれらに向き合う事が出来た。

苦しいけどね。

でも、今起きたことは

今起こるべくして起こっているので

しっかりと向き合ってこれを手放して行こうと思う。

今の私ならできるからこそ、今、これが現れたのだから。

 

 

今まで信じて歩んできた道を、

歩んでいきたいこれからの道を、

信じよう。

 

ギリギリのところでも、でも私は私の道を自分の足で歩んできた。

そして私はこれからもそうでありたいと思っている。

それが私の答えだった。

 

今日は旦那さんが作ってくれた美味しいスープを飲んでいて

最近は心身ともに疲れていたのに、ふと幸せな気持ちが湧きました。

私、まだまだ大丈夫だなって思えた。

 

 

https://www.instagram.com/yuka_earthandsky/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

little more...サステナブルな暮らしを。

f:id:yukaearthandsky:20210116215159j:plain

少し前にInstagramで服づくりを始めようかと

ボヤきましたが、

やめます。

 

私の持ってる服は今は生地を調達して縫い子さんにお願いして繕ったものが結構ある。

それは、

なかなかこっちで気にいるものが見つからない。

あってもなかなかいいお値段。

でも安いからと言っても、ファストファッションは避けたい。

 

ならば自分の今持ってる好きな服を

作り足そうと。

こっちは縫製が安いのと、街のあちこちに縫い子さんがいるので手軽に作ってもらえる。

 

南国暮らし、旅、育児…をコンセプトにした服をつくりたいと。

 

でもね、ある一つのことがずーと引っかかってて。

それは、

今すでにもので溢れかえっているこの世界に今またつくり増やすことって本当に必要?

って。

ファッション業界だけじゃない。

全て。

世界の一部では食べ物が溢れ、車が溢れ、電子機器が溢れ、そして洋服が溢れ…

環境汚染が、気候変動が止まらない。

 

だから自分がそこにまた新たに作り出すことに意義を見出せなかった。

でも、やってみようと言ったことがきっかけで今まで以上になんかいろんな情報が

ドバドバ入ってきた。

 

ファッション産業は世界で第二位の環境汚染産業であるということ。

繊維産業は大量のCO2排出(全世界のCO2排出の10%を占める)。

日本では衣服が年間に30億着の廃棄。

古着が世界に出回るが、ほとんどが使えない廃棄物。(ハイチなどの貧しい国では古着が溢れ地元のファッション産業が潰れた。そして、使えない古着はゴミの山となっている)

 

そして衣服だけでなく、電子廃棄物は途上国(と言われる)に送られ、ガーナ広大なエリアに投棄されている。

そこでは有害物質を含んだ電気廃棄物を燃やし、鉄や銅を抽出。

 

などなど。

そうだよな…

やめよう。

 

今まで気軽に作ってた1着(コットンシャツを1着作るのに約2650Lの水が必要で、これは一人の人が1日に8杯の水を飲んだとして、3年半飲めるほどの量!)も、

もしかしたら古着で見つかるかもな。

とか。

リユース

古着、中古車、中古の電子機器や中古家具とか。

(私は以前から古着好き、家の車は中古、携帯やベビーベッドも中古品)

 

一つのものともっと丁寧に向き合いたい。

買うものはもう少なくていい。

良いものを選びたい。

そして長く大切に。

 

ファストファッションじゃなくて、

スローファッション。

 

そしてリユース品を作ってみたり、

made in Baliのサステナブルプロダクツを紹介していきたいな。

とか、新たな道が見えてきました。

その時は改めてご紹介させていただきます。

 

”エコ””サステナブル”という言葉がなくなるほどに、

それらが当たり前の日常が来ると良いな。

でも、少しづつで良い。

まずはスポンジ一つを代えることから。

 

little more...

できることから、できる範囲で始めていこう。

 

 日常はこちら↓

 https://www.instagram.com/yuka_earthandsky/

 

 

 

 

 

 

"今この瞬間を精一杯に生きる”こととは…

f:id:yukaearthandsky:20201216133005j:plain

ふと目に止まった「インナーチャイルドカード」というワード。

なんとなく遊んでみた。

そして引いたカードのメッセージは

「新しいステージにいますね、味わい尽くしてください」

ということだった。

 

私はこのカードのメッセージを信じるとか、当たっているとか言うことは特にどうでもよくて、そこに書かれていた

「味わい尽くす」

と言う一言がすごく響いてきた。

その言葉に源から深く共鳴していた。

それはきっと、カードのメッセージを通して魂の声を私に届けてくれた。

ということだったのだろう。

 

娘の温もりを感じる時、

彼女の甘い匂いを嗅ぐ時、

小さな手足、

ニコニコの笑顔、

天使の声に

顔をくしゃくしゃに真っ赤にして泣く顔や、う〜んって踏ん張る顔…

彼女との触れ合いをどれも忘れたくないと思っていた。

 

それは息子の時を思い出そうにも忘れてしまった。

なんてことだろう。

もちろん可愛かったとか、感覚的には覚えているけど。

あんなに必死で、今と同じくらい愛おしくて全身全霊で愛を注いだ日々。

時というものは止まってはいない。全てを流してしまう。

 

だから余計に今回は強く思う。

この瞬間を忘れたくない、と。

執着になってしまうけど、もう2度と来ないこの瞬間を忘れたくないと、

今彼女と過ごす日々の中でいつもをそれを想っている。

 

とはいっても育児は大変なこともいっぱいだし疲れている。

ガチガチの体になかなか自分のことが進められない焦燥感…

だから”ふぅ〜”って萎えていた時にこのメッセージが私の元に届けられたのだろう。

「味わい尽くしなさい」

 

そうだ。

「この瞬間はもう2度と来ないんだ。

今彼女との日々を後悔なく過ごしたいのだ」

と、

改めて気づかされた。

 

そんな風に思いを巡らせていて最後にたどりついたのが、

「今、この瞬間を精一杯に生きよう」

ということだった。

 

今までだって何度も聞いてきた言葉だし、

そのつもりで生きてきた。

けど、”つもり”なだけだった。

やっとこの言葉を自分のものとして

懐の深いところまで響いてきた。

 

この愛おしい日々を忘れたくない、

だから

この瞬間を精一杯に生きたい。

魂が叫んでいる。

 

子どもは偉大な師である


https://www.instagram.com/yuka_earthandsky/


 

 

 

 

 

 

 

安産のススメ

 f:id:yukaearthandsky:20201027185521j:plain

 

10月の初めの満月を迎えた日、

私たちの元に新しい命が降りてきた。

 

風の時代に、風の性質を持って産まれてきた。

バリの名前は”Anila(サンスクリット語で「風」”と名付けた。

 

今回2度目となる出産、

検診の時に先生に11年も開いたら初産みたいなもんよ!

なんて脅されてビビってましたが、

案ずるより産むが易し!

スーパー安産で無事に出産を終えることができました。

せっかくなので、(ほとんど訪れる人のいないこのブログだけど!)

私の妊婦生活中の安産のために心がけていたことをシェアしたいな。

と思いました。

 

つらつらと綴っていきますね。

 

一つ、運動!

私の住む場所は坂が多いいのと、野良犬やらがワンワン吠えて向かってくるのが怖いので散歩はほとんどせず、ほぼ毎日プールで水中ウォーキング、平泳ぎにクロール。

そして、マタニティヨガも毎朝30分から1時間程度。

8ヶ月ぐらいまではヘッドスタンドもやってましたが、体が重くなってきたのでそれ以降はやらず。大事なのは、ほどほどに筋力をつけておくこと、股関節を柔らかくしておくこと。

筋トレは、骨盤底筋や背筋、足など無理のない範囲で。股関節は開脚前屈を。

そして何より、スクワット!一日10〜20回を目安に。

まあ、今までと変わらず家事もこなし動いてました!

おしるしがが出ても、(陣痛と気づかなかったのもあるけど)まだまだ弱い陣痛の段階の時までプール入ったり、普通に子供のお迎え行ったり、とにかく動く!

 

二つ、瞑想などで自分を心地良くしておく。

自分の出産をイメトレ。

安産してる自分を、常にイメージしてました。安産以外あり得ないだろうぐらいに笑

信じきること。

私の場合はいつも通りの瞑想をして、心を落ち着かせ。

自分をしっかりと調えておくこと。

人それぞれ自分の気持ちのいい時間の過ごし方ってあるはずだから、

それでいいと思います。

 

三つ、お腹の中の赤ちゃんへの声かけ。

「ママをあんまり痛くしないでね〜、するっと産まれてくるんだよ」

って、お腹をさすりながら語りかけていました。

 

こんなところかな。

実際のお産はどうだったかというと、

 

今回の陣痛は恥骨あたりが痛み、

前回は腰にきていて陣痛は腰が痛むものだと思っていた私はこれが陣痛とは始め気づかず苦笑

そして痛みに波はあったものの、痛み自体はすぐに去っていたので今降りてきていて、

これが過ぎたら陣痛かな?程度に思ってました。

そしたらおしるしが。

おしるしが来てもすぐにお産というわけではないらしいので、

いつも通り水中ウォーキング。

そしてちょうど検診の日だったので病院へ。

状況を伝えたら、

子宮口のチェックされこの時点でまだ子宮口は開いてなかったけど、入院の準備は持ってきてるか?と聞かれ、やっとあれ?

これはもう陣痛か?もうお産か?

と気づく笑

入院の準備ももちろん持ってきておらずだったので、

予定通り、長男の学校へお迎えに行き家に帰った。

コロナのせいで付き添いが一人のみ。息子もだめとのことで急いで預け先を探し…

なんてしてる間に痛みがどんどん増してきた。

いや、これはもうダメだ!と

息子を友人宅へ預けそのまま病院へ。

そしたら既に子宮口3cm。

ベッドに横たわり出した途端、我慢できないほどの痛みへ。

「我慢できなくなったら教えて〜」

なんて言われて部屋を出て行った助産婦さん。

すぐに、

「我慢できません〜」

と、私。

「今が一番痛いから。破水したら教えて〜」

と、また部屋を出て行く助産婦さん。

の、直後に破水。

そしてお産が始まり、叫びながらいきみましたよ。

 

結果、子宮口ゼロから2時間もかからず、そして病院着から30分ほどで出産終了。

早かった!よかった!でも痛かった!!

 

な、お産でした。

とにかく安産で、無事に娘が生まれてきてくれて何よりでした。

 

長くなってしまうのでここまでで。

これからも出産体験や、子育てのこと書いていきますね。


https://www.instagram.com/yuka_earthandsky/


 

 

 

 

 

 

”新しい日常”って?

f:id:yukaearthandsky:20200815205436j:plain

 

世界的に自粛が明けてからまた第二波がきたと騒いでいますね。

バリ島を含むインドネシアはそこまで厳しい自粛ではなかったですが、

バリ島でも同様、感染者は増えている”らしい”です。

 

が、いい加減気づかないだろうか?

ロックダウンの無意味さを。

それでもまた前ほど厳しくは無いにしろ再びロックダウンしてるところまである。

ここインドネシアも9月11日から海外ツーリストの受け入れを再開する予定だったが、

年内いっぱいまでそれも延期されそうな雰囲気。

 

そして、ここでは”new normal"と銘打ってマスクや殺菌、ソーシャルディスタンス等の日常化とも言うべきか、そんなことが始まっている様子。

そんなことを日常化させてしまうのか!

日本でも県をまたぐだけで自主隔離とか、お盆で帰省したらご近所さんから苦情が来ただとか。SNSとかでもジムでマスク姿とか、「写真の時だけマスク外してます〜」みたいなコメントを一々付け加えていたり…

 

すいませんが、

狂気の沙汰にしか見えません。

 

この偽パンデミックをおかしいと気づいている人たちも多くいるが、

また多くの人がこの狂気に飲み込まれてしまっているように見える。

 

これからは二極化がますます進んでいくという。

ここでもそれが起きている。

この出来事をどう捉えるか。

 

マスクや過剰な殺菌、人と距離を置く。

そんな世界でいいのだろうか?

それが真っ当な暮らしに思えるのだろうか?

 

アメリカのニュースでは、子供たちに黄色いバッジをつけさせるとかそんな話題も。

その黄色いバッジを付ける子は、ワクチンを打ってないから僕たち触れたり、ハグしたりするな的な意味があるらしい。

それが現実のものとなるかは知らないが。

ただそんなことを示唆しているだけでも恐ろしくはないだろうか?

 

個人が望み、意識を向ける世界は多様性に満ちている。

その人が望むことは自由だ。

ただ、自分が何を望むか。

どこに意識を向けていくか。

本当に明確にそれを知っている人は少ない。

もっと、しっかりと自分で判断していけたらいいと思っている。

メディアや周りの人の雰囲気に飲まれてしまわずに。

こんな時だからこそ、しっかりと自分を見失わずにいたいと思う。

今は多くの人が恐怖に意識が向いてしまい、それがこの状況を許してしまっているように思う。みんなが、いい意味で今までのようにというか、これをきっかけにさらにパワーアップして人と人とのつながりや、ふれあいをもっと大事にできる世界を望めばこの偽パンデミックなんてさらっと忘れられてしまうのにな。

 

世界は自分次第で天国にも地獄にもなるんだよ。

 

instagram👇

https://www.instagram.com/yamazoe_yuka/?hl=ja